■卓球初心者上達オススメコンテンツ img0704

卓球練習でフットワークは何より大切!?

卓球練習でフットワーク練習、普段の練習で意識して行ってますか?

フットワーク練習よりもドライブ練習の方が大切、バックドライブの方が大事!!
そう思っている人は要注意です。

もし、ドライブが上手くできないのであれば、一度フットワークを見直してみればドライブが上手くなったりする可能性が高いですよ。

フットワークが及ぼす影響

卓球のプレーのほとんどがフットワークが影響しているという事を意識してフットワーク練習に取り組む必要があります。
どのようにフットワークが関係しているのかを確認して、もう一度フットワーク練習の大切さを再確認して、今後の練習に取り組んでみてはいかがでしょうか。

定番のフットワーク練習

1球で行うフットワーク練習としてフォアドライブにて、フォア、ミドル、バック、と3ヶ所からポジションを変えて行うフットワーク練習(図を参照)。

20161031001

どこの学校でもこのような基本のフットワーク練習を行っていると思います。
この類のフットワーク練習は「動いて打つ」という意識を身に付ける為に凄く大切です。

しっかりと動いて打つという意識を持つことが出来るか出来ないかで、その練習の効果は大きく変化します。

不十分な体制で打つからミスが出る

自分が打ちやすい打ち方で打てないと、何らかの負荷が身体に掛かります。
不十分な体制だからボディーワークを使って打ったり、出だしが遅れてしまって飛び付きで処理してみたりと、すべてはそのボールに対する処理スピードが影響しています。
ボディーワークや飛び付きも大切なプレーですが、飛びつく必要のない時はフットワークで追い付いてしっかり良い体制で打てるようにしましょう。

手より足が先

人間は遠くの物を取る為に手を伸ばします。卓球のプレーにおいては手より足が先
です。

特に身長がある子は足が動かなくてもボールに手が届いでしまうので、足より手が先に出る人が多いです。
しかし、たとえボールに届いたとしても、その体制でしっかりと体重が乗ったドライブを打てるでしょうか?
届く届かないではなく、しっかりと強いボールを打つ為にも足を動かし、打球点に早く入る事がとても重要です。

基本的に足が動かない人は徹底して基本のフットワーク練習をして、手より先に足
をみに付ける事が一番大事です。

パターン化された動きを叩きこむ

卓球のプレーはある程度決まった展開というものが存在します。
例えばフォアから相手(右利き)のバックに向かってストレートにドライブを打った場合、ブロックされたボールはバック側に返球される事が多いです。
ですので、先に提示した図のように①フォア~②ミドルというフットワーク練習は有効であると言えます。

このように、実際の展開を意識してフットワーク練習を組み立てると、より実践向きな練習を行う事ができます。

前後の動きも意識する

左右の動き、反復横跳びでの移動を意識しがちですが、前後の動きも試合の中でとても大切です。

オススメの練習として、

①フォア側で前陣フォアドライブ
②フォア側で中陣フォアドライブ
③ミドル側で前陣フォアドライブ
④ミドル側で中陣フォアドライブ

このように前後の動きをフットワーク練習に取り入れる事も大切です。

これの応用として、

①フォア側で前陣フォアドライブ
②フォア側で中陣フォアドライブ
③バック側で前陣バックドライブ
④バック側で中陣バックドライブ

これも行う必要があります。

ストップからのフットワーク練習

これはシステム練習としてもよくある練習ですが、前後の動きを時に意識したストップからの戻りに重点を置いた練習です。
併せて練習することをオススメします。

20161031002

この図は最後の飛び付きフォアドライブ以降はオール形式になります。

まとめ

このように工夫次第ではいくらでも練習メニューを作る事ができますので、何を強化したいのか、何を克服したいのかをハッキリ決めて練習を行えば良いでしょう。
現代卓球は両ハンドが基本で、フットワークよりもフォアバックの切り替えを行えばフットワークはそれほど必要ないように思う人も多いと思いますが、それは間違いです。
バックでの技術を得意としている選手でもしっかり足が使えないといけません。

sakamoto04
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク