■卓球初心者上達オススメコンテンツ

台上技術 フリック

短く浮いたボールに対して相手のコートにボールを弾いて入れる技術。
相手の浮いたツッツキや浮き気味の甘いショートサーブに対して積極的に行ってラリーの主導権を握りましょう。

まずはこの動画を見てください。
これが卓球世界1位の馬龍選手のフリックです。
恐ろしいスピードです…

フリックの種類

フリックの種類は大きく分けて2つあります。

① 弾くフリック

② 擦るフリック

②に関しては言い換えれば超台上フォアドライブとも言えるかも知れませんので、ここでは①の弾くフリックについて説明したいと思います。

フリックを使う場面を確認

主にフリックは、

①浮いたストップ

②浮いたショートサーブ

この2つに使う時がほとんどです。

それでは打ち方を確認してみましょう。

下回転に対するフォアフリック

下回転が掛かっているので、ボールの後ろにラケットを当てればボールは当然ネットに向かって一直線です。
それを避ける方法として、ボールが落ちる量を計算して、ラケットの面を少し上向きでボールに当てる。
というやり方もあります。角度で調整する打ち方です。

しかし、オススメの打ち方は、あえてボールの真後ろを打ちます。ラケットはほぼ垂直です。
そのまま打てば落ちます。

当たったと同時にラケットを少し持ち上げるように、かつ肘を伸ばし前に振り切ります。
言葉で伝えるのは難しいですので、下の動画をご覧ください。

この動画では乗せるフォアハンドフリックとして紹介してますが、いわゆる「乗せ打ち」という打ち方で、ボールとラケットとの感覚が掴むことが出来ないと上手く打つことが出来ません。
地味に難しいです、フリック。

上回転に対するフォアフリック

上回転に対するフリックはフォア打ちをするような感じで大丈夫です。
上回転の場合はボールに前進回転を変えるように(小さくドライブを打つように)するのが良いです。
確実に上回転のサーブと判断出来た場合、迷わず思い切り打つのが良いです。

下回転からのフリックが攻撃的なワケ

先に説明したように、下回転へのフリックは乗せ打ちを行う必要がありますので、ボールのスピードがそれほど速くないです。
ですので、あまり攻撃的なフリックではないような気もしますが、凄く使えます。

ボールの回転がナックルになる

乗せて打つことで、結構強いナックルボールを出すことが出来ます。
相手はそのナックルボールを面で打てばボールが落ちます。
ナックルボールとはそういう特性があります。
ナックルボールにはこちらから回転を掛けて打つ必要があります。

ストレートにナックルフリックをされた時は相手がネットする場合があります。

フリックを覚える為の練習法

まずは下回転に対するフリックを覚えましょう。
送球者は普通にフォア前へ短い下回転サーブを出します。
それをクロスへフリックします。

これを黙々と繰り返します。
これだけの単純作業を何回も繰り返す事で乗せて打つ感覚が身に付きます。

慣れてきたら相手のミドル~フォアとサーブを出す範囲を広げます。
先ほどの練習に「判断(コース)」と「フットワーク」が加わる事で、先ほどよりも成功率は下がると思います。
そうやって、これもまた黙々と練習します。

ここまでが基本中の基本のフリック練習ですので、飽きてきてもしっかりとマスターして下さい。

次はストレートへのフリックです。
これは球のスピードを出すことが困難となりますので、無理に強く打とうとせず、しっかり安定して返球できるようにしてください。
球速が遅くても、出てくるボールがナックルですので、相手には厄介なボールとなります。

フリックからの展開

フリックで打ち抜く事も出来ますが、フリックで決めるのではなく、フリックからラリーの主導権を握れるような展開にすることが大切です。
この先は戦略的な内容になりますので、後程詳しく話しますが、フリック一つでも相手の逆をついたり、ナックルフリックをしたりすれば、それで点数を取る事も可能ですので、フリックからの展開に進む前にしっかりとフリックが打てるようになりましょう。

まとめ

卓球主導権を握った方が優位に立つことが出来ます。
その主導権を握る為のきっかけとしてフリックはとても有効な手段です。
どの台上技術としてフリック、チキータ、ストップなどがありますが、どれもそれを決定打として使うのではなく、ラリーのきっかけとして使うような意識が必要となります。
[戦略]のページでフリックからの戦略も紹介しますので、参考にして頂けたら幸いです。

卓球の戦術 フリックからの展開

[br num=”1″]

sakamoto04
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク