■卓球初心者上達オススメコンテンツ

卓球 ドライブの打ち方

49-2

卓球においてドライブの打ち方は早く習得しておく必要があります。

ドライブはとても便利で攻撃力も高く、様々なドライブを打ち分ける事で安定した試合を展開する事が出来ます。

ドライブの打ち方

簡単です、ボールに前進回転を掛ける。

要するにボールの上を擦るように打ちます。

理屈は簡単ですが、ボールとラケットの絶妙な関係というのは何回も何回も練習して習得しないといけません。

ボールとラケットが薄ければ薄いほどボールに回転を掛ける事が出来、逆にボールとラケットが厚く当たってしまえば、ボールは回転よりも前に飛んでいきます。

そのどの位接触(擦る)しているかベストポイントを見つけましょう。

ロングサーブはドライブ一発!!

卓球初心者のサーブは何故かロングサーブが多いです。
しかも回転がそれほど切れていません。
そんなサーブがきたらドライブ一発で決めましょう。
仮に回転が強く掛かっていたとしてもしっかりとドライブ(回転を強く)を掛けることで、サーブの回転を上書きして、自分の回転がボールに伝わります。

相手の回転に負けないように強い回転をかけないと、回転に負けてネットミスしたりオーバーしたりしますので注意しましょう。

ドライブの打ち方は大きく分けると、スピードドライブループドライブ、この2つを取りあえず覚えましょう。

スピードドライブは、攻撃の時に決めに行くドライブです。

ループドライブは、その名の通り、大きな弧線を描いて飛んでいきます。

ループドライブの打ち方は、コチラの動画が分かりやすいでしょう。

相手のサーブが台からギリギリ出るような場合、ツッツキではなく、ループドライブで返球します。

ループドライブはとにかく回転が強い球ですので、相手がはじいてくれるかも知れません。
また、回転に気をつけすぎて当てるだけの返球になるかもしれません。

こういった効果があります。

しかし、上手な選手はループドライブが打たれたら、それをカウンターしてきますので、注意が必要です。

ループドライブのポイント
①思いっきり回転を掛ける
②相手コートの奥を狙う

この2点を注意してループドライブの練習をしてみましょう。

sakamoto04
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

スポンサーリンク