■卓球初心者上達オススメコンテンツ img0704

卓球 フォアドライブで威力が出ない人はこれで勝負

niwakouki


卓球でフォアドライブ無しでは試合になりません。
そのくらい大切な技術です。

卓球を始めた初心者がフォア打ち、バック打ち、ツッツキ、フォアドライブ、この3つは特に大切な技術です。

このサイトでもフォアドライブついて打ち方など結構詳しく書いてますが、今回は、パワーの無い選手が効果的にフォアドライブを使えば良いかを中心に書きたいと思います。





パワーのあるフォアドライブ

最初に勘違いしてはもらっては困る事として、身体を使ったパワードライブ、しっかりと身体を使って打つことが出来る。
しかし、筋力や体型の影響で、そこまでパワーが出ない選手へ向けた記事です。

ですので、身体を使ったフォアドライブというものを最初に勉強して下さい。

上のWRMで丁寧に詳しく身体を使ったフォアドライブについて解説してくれています。
とても参考になりますので、まずはしっかりと身体を使ってフォアドライブを打てるようにしましょう。

フォアドライブはパワー以外で勝負

身体を使ったパワードライブが打てるけど、パワーが周りよりも出ない。
そういう人は闇雲に力んで打っても良い事は何一つありません。
今から紹介するフォアドライブの使い方を参考にして戦術を組み立ててみてはいかがでしょうか。

フォアドライブのピッチで勝負

一撃フォアドライブのパワーが無い選手は前陣で連続フォアドライブが良いでしょう。
いきなり実践で前陣に張り付いてフォアドライブを連打しても上手くいきません。
それは連続して打つ為には普通のドライブ練習とは異なった技術が必要とされます。

高速ピッチフォアドライブ、テイクバックはほとんどゼロ

以前、WRMで紹介していた練習方法で、多球練習になりますが、良い練習ですので紹介します。
とても効果を感じる事が出来ると思います。

多球練習なので、送球者の協力が必要になります。
fd09100001
送球者は相手のフォア側に3球連続で弱いドライブ回転のボールを出します。


この練習はフットワーク練習ではありませんので、送球は出来るだけ同じところに出すようにして下さい。
しかし、この練習は実際の試合よりも速いピッチで行わないと意味が無いので、最初は練習者がボールを打った瞬間にボールを出すようにして下さい。
出すボールのスピードは選手の力量によっと調整して下さい。


練習者はハイピッチのボールをドライブしないといけませんので、余計な動作が勝手にしなくなります。
例えばテイクバックなど。
ボールを打った瞬間、次のボールが飛んで来るので打った瞬間にラケットを引くような動作をして下さい。
引く動作を意識すれば次の動作へ移るスピードが上がりますが、なぜか威力あるボールが打てます。なんでかは不明(笑)


このようにピッチを上げて安定してドライブを打つことが出来なければ、前陣でプレーしても前陣の良さを活かす事ができず、振り遅れをしたり、詰まってドライブを打ったりと逆に相手にチャンスを与える事にも繋がりますので、前陣の選手はこのハイピッチのフォアドライブは必須です。


フォアドライブのコースで勝負

コース狙いは、フォアドライブですべてのコースに難なく打てることが前提となりますが、ストレートコースがなかなか打てない人が意外と多いです。
ストレートとクロスの距離関係を今一度冷静に考えてみて下さい。
ストレートは距離がとても短いので、クロスのように打てばオーバーになり、オーバーにならないように打てばネットに引っ掛かり、と、なかなか安定して打つのが難しいですよね。


でも、その逆はあまりありません。
ストレートが打てる人はクロスも打てる人がほとんどだと思います。
普段の練習からフォアドライブのストレート打ちを沢山行うようにしましょう。

フォアドライブのコントロールが出来るようになると、相手のフォアミドルを積極的に狙い、強いブロックをさせない、結果的にチャンスボールが返ってくるというパターン多くなります。
フォアドライブのコントロールはクロスとストレートでは深さが違うので、毎日の練習にコースを狙う多球練習を行う事をオススメします。
0914001
送球者は相手のフォアをちょっと速いピッチで3球上回転のボールを送ります。
練習者はストレート、ミドル、クロス、3コースしっかりと狙って打ち分けます。


次は練習者はミドルに移動し、同様に相手のバック、ミドル、フォアとドライブを打ち分けます。
そしてバックでも同様に3コース打ち分けます。





フォアドライブの回転の変化で勝負

卓球において回転は物凄く大切な事です。
ここでオススメなのが、超ループドライブです。
ツッツキ打ちのループドライブはそれほど難易度は高くないので、強打出来ないボールをツッツキで返球せずに、積極的にループドライブを掛ける事が大切です。


しかし、中学生はループドライブにカウンターを狙ってくる事が多いのです。
ですので、カウンターを狙われないループドライブを打つことが大切です。

カウンターを狙われないループドライブ

カウンターをさせない為にはバックの深い場所にループドライブを打てるようにしましょう。


それを意識するだけで結構な武器になります。


強い回転のループドライブはフォアよりバックの方ブロックアウトになる可能性が高いです。
また、ブロックが上手い人でも、ループドライブは不思議と上手くブロックできずにアウトになる事が多いです。


その他にナックルドライブ(無回転ドライブ)などもありますが、まずはループドライブをバックの深いところに打てるようにしましょう。

まとめ

実際の試合でパワーが無くて負けた…という事はほとんどありませんし、パワーの無い選手、例えば丹羽選手は卓球界では小柄な選手です。
しかし、世界を舞台に戦う事が出来る。
丹羽選手の前陣でのピッチの速い攻撃を見ると、いかにも体型を活かしたスピード卓球だなぁと思います。

青森山田のDVD、丹羽選手の特徴がよく分かりますので、見たことが無い人は是非とも観た方が良いと思います。

卓球DVD「男子卓球の真実」のレビュー
このDVDは全部で6巻ありますが、すべて青森山田高校の当時の卓球部の方々(丹羽選手や上田選手、町選手など)が登場して練習風景を解説付きで紹介...
sakamoto04
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク