■卓球初心者上達オススメコンテンツ

多球練習で超オススメ練習

takyu_prac

卓球における様々な練習法で、多球練習というのは、短時間で効果的に行う事が出来るので、特に学校の部活では決められた時間の中で行うので、とても良い練習方法と言えるでしょう。


なかには多球練習は「死んだ球」と言って否定する人もいます。
確かに、対人で打ち合うボールに比べたら死んだボールと言われてもなんとなく理解できます…


今までも多球練習について効率の話は練習方法など書きましたが、今回は今まで行ってきた多球練習でこれは効果絶大!というのを紹介したいと思います。


◇過去に書いた多球練習についての記事◇
多球練習 卓球の上達する練習は多球練習が効果あり

卓球のフットワーク強化為の多球練習

卓球のバックハンド強化の多球練習


超速フォアバック切替し強化

多球練習の一番の良いと思っている点は、「負荷を自由に変えれる」という点。
これは、初心者~中級者~上級、誰でもその人に合った練習を行う庫が出来ます。

この超速フォアバック切替についても、まさにそれが有効になります。

フォア打ちもまともに出来ない状態でこの練習をしてもラケットの真ん中に当てる事すら難しく、それに切り替えしという更に難易度が高い事をやる訳です。

ですので、フォア打ち、バック打ちともに一応出来る状態の方であれば大丈夫です。
送球者のさじ加減でうまくピッチとコースを変えてあげましょう。

どのような練習方法?

送球者は右利きと仮定し、バック側から送球します。

練習者はコートの真ん中に構え、あとは送球者がランダムにボールを出します。

中級者くらいであれば、ボールがラケットに当たった瞬間に次のボールを出します。
このピッチは実際ではあり得ないピッチですが、この練習を行うことで、


①練習者は送球者の動きをよく見ていないと次のボールを打つことができない。

②大きなスウィングをしていては次のボールに間に合わない。

ただ単純にフォアとバックを切り替えて打つだけの練習が、それ以上の効果が期待できます。


WRMでも多球練習を紹介していますが、その動画でも高速切替しを紹介しています。

期待出来る効果

この高速切替多球練習、この練習で期待できる効果として、相手の攻撃に対してブロックではなく、しっかりと打って返球することが出来る。
勿論、すべてのボールには不可能です。
相手の一撃パワードライブをとっさの判断でカウンター出来るという事ではなく、一番効果を感じたのが、バック対バックのラリー中にコース、相手がコースをストレートに変えてきた時、その時にしっかりとフォアでクロスに打つことが出来る。

ボールを判断してから行動するまでの時間が短縮されるのが実感できます。


もう一つ、期待出来る効果として、チキータに対しての返球が安定します。


短い下回転サーブに対してはスピードのあるチキータはなかなか打ってきませんし、ナックルサーブに対しても良いサーブに対してはスピードチキータする事が難しいです。
ですので、サーブの質が高いという事が条件だと、広角にチキータされた時、ブロックではなく、しっかりと打って返球する事が可能です。


チキータの場合、比較的コースが読みやすいですが、コースを読めればそれに対する返球で強打する事ができます。

攻守交代のきっかけ作り



相手がドライブを打ってきて、こちらはそれをブロック、そのボールを相手はドライブ…
これではずーっと攻められっぱなしです。
この時、攻守交代をする為にはどのようにすれば良いのか。


それはブロックではなく、ドライブに対して少しの力で良いので打ち返す事。


経験上、打ち込まれた時、一度ブロックしてしまうと、なかなか攻守交代というのは難しいものです。


普段の練習でもドライブ練習と言えば、バック対オールでフォアドライブなど、練習相手がブロックするボールに対してのドライブ練習が多いです。フットワークもスウィングもブロックされたボールに対してのピッチでやる事が自然に身についている。
ですので、それ以上のピッチでやると当然攻撃側も乱れる事が多いです。

まとめ

如何でしたか?
多球練習で攻守交代のきっかけを作る事が出来るのは魅力的だと思います。
この両ハンド高速切り替えしを身に付けるのは多球練習が一番です。
他のやり方だと効率も悪いです。
是非とも多球練習でこの練習を毎日続けて行って下さい。
ボールに対する反応がビックリするほど向上しますよ。

sakamoto04
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク