■卓球初心者上達オススメコンテンツ img0704

卓球のチキータに適したラケットは王道04

王道04(ゼロヨン)ってどんなラケット?

ワールドラバーマーケット(以下「WRM」)で発売しているカーボン入りのラケットです。
インナーカーボン使用ということで、カーボンでありながら合板のような扱い易さが特徴のラケットです。

現在、WRMの商品を楽天で買う事が出来るので、以前に比べて入手しやすく、最近買った人も多いのではないでしょうか?
私は1年くらい前に買いました。
今はメインとしては使用してませんが、機会があれば使いたいと思います。

王道04が何故チキータに適しているのか

王道04はブレードが少し大き作られています。
ブレードの長さを短くし、その分ブレードの幅を広げました。
ブレード長が短いというのは台上技術、特にチキータにはとても有利と言えます。
ブレードが大きく感じますが、ラケットを重く感じないのは、ラケットの重心をどこに置いているかが大きく影響します。
また、グリップも太いので、握った時の重量感が緩和される効果が期待出来ます。

重心がグリップ寄りにあるという事は、手首でのスナップが命のチキータには大きく影響します。
最近の重めのラバーを貼っても簡単にチキータ出来ます。
このラケットを使う理由の一つがチキータをやる為、という人も居るくらいですので、一度試して欲しいラケットです。

王道04はこれからチキータをやりたい人にオススメのラケット

これからチキータを練習してマスターしたいと思っている人には是非とも使ってみて欲しいです。
WRMもチキータのやり易さを動画で紹介しているように、本当にコンパクトに打つことが出来ます。

チキータは体制を低くして素早く落下点に入る事が何より大切な事です。
あまりラケットが大きいと、台にラケットをぶつけたり擦ったりする時があります。
タダでさえ難しいチキータで余計な事を考えず、打つことだけに集中できます。

sakamoto04
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク