■卓球初心者上達オススメコンテンツ

卓球ラケットレビュー「張継科ALC」

バタフライの特殊素材で攻撃力と安定性を両立した人気のALCラケット、張継科ALC。
このラケットはアウターに特殊素材であるALCが使われている為、インナーフォースALCより攻撃力が高く、威力あるボールが出せます。




使いやすさと攻撃力の両立が魅力的なラケット



張継科ALC以外にもALCラケットは多数ありますが、アウターとインナーとでは結構印象が違います。


インナータイプのALCラケットは、特殊素材というよりも、ちょっと弾きが増した木材のような印象で、5枚合板ユーザーも難なく移行出来るラケットだと思います。


アウタータイプのALCラケットは、いかにも特殊素材という弾きです。

台上技術は抜群にやりやすい



台上技術はやり易いと思います。
ラケットのグリップはFLを使いましたが、日本人の手にマッチするグリップで、手首の自由度が高いグリップだと思います。

台上に関しては、今まで使っていたラケットから張継科ALCに変更して、やり難く感じる技術は無いと思います。
特にチキータは楽です。

チキータのテイクバックがスムーズに行う事が出来、自然にスウィングすることが出来ました。


アウターALCの弾きが気持ち良い



張継科ALC、何といっても弾きが気持ち良い。
一番感じる事が出来るのは「ブロック」。


特にバックブロックをちょっとプッシュ気味にやった時の弾きは素晴らしい。
飛び過ぎず、ネットすれすれを狙う事が出来る程、コントロールしやすいです。

自分の力量以上の結果が出せる



誤解を生みそうな文言ですが、自分の出来ない事が出来たりすることがありました。
特に感じるのが切り替えしの速さ。


こちらのブロックの逆をついて打ってきたドライブ、いつもであればノータッチで失点という場面も、ラケットの切り替えしが速い為にブロックが間に合うという事がありました。


また、ドライブを打った時に「この軌道ではアウトになる」と思う球もエッジで入ったりする時もありました。
ラバーの種類や状態などドライブに大きな影響を与えますが、同じラバーを使っていますので、恐らくラケットの効果だと思います。
ドライブの掛かり方がアウターALCなのに凄く掛かるという事になります。

バックドライブの安定感アップ



なぜバックドライブが安定するかというと、、、
今まで自分の身体でタメを十分に作ってドライブを打っていました。
ですので、タメは溜めれば溜める程ミスは発生します。
また、バックドライブを連発する場面では、なかなか質の良いバックドライブを連発するのは難しいですよね。


アウターALCの弾き、威力を上手く利用。
自分ではそれほどタメを作らなくても、ラケット自体からパワーが出ます。


ですので、自分は安定して打てるようにコントロールやスピンの方に意識を向ける事が出来ます。
その状態でバックドライブを打てば連続してバックドライブを安定して打つことが出来ます。
これは木材5枚合板では難しいと思います。


バックドライブだけではなく、威力が必要と思われる技術、スマッシュ、フォアドライブも同様、安定して打つ事に集中すれば、それなりのパワーあるボールが連続して打つことができま。

張継科ALCに合うラバーは何?



基本的に何でも合うと思います。
本人の好みであったり、戦型によってラバーを選んでOKなのですが、やっぱりテナジーとの相性は抜群です。

オススメは、

フォア:テナジー05、バック:テナジー64FX

フォア:ファスタークG1、バック:ファスタークC1

フォア:オメガⅤツアーDF、バック:ヴェガヨーロDF

この3パターンは特に好感触でした。


テナジーでなくても大丈夫ですが、個人的にはテナジーがオススメです。

張継科ALCにはなぜテナジーが良いのか?



ファスタークG1もプロ選手や上級者が使用しています。自分も凄く良いラバーだと思います。
特にファスタークG1はテナジー05に似た特性があるラバーだと感じていますし、値段も実質テナジーの半額近くで買う事が出来ます。


それじゃ、テナジー使う必要あるの?と思われるでしょうけど、やっぱりテナジーはテナジーでしか味わえない素晴らしいポイントが多くあります。

■打ち合いに強い

■強烈なボールが簡単に出せる

■スポンジが軟らかいのでコントロールが楽

■ラバー重量が軽い

この3点、すべてクリアしているラバーはテナジーくらいかも知れません。


最近の技術の進歩でトップシートが強烈にグリップするラバーが発売していますが、そういうラバーは重量が重かったり、ガチガチなラバーが多いです。


そして一番この張継科ALCにテナジーがオススメな理由としては、「重量」が軽いという点。

先に書いたように、このラケットは切り替えし、台上での取り回し、とにかく扱い易いラケットです。
このようなラケットに重いラバーを貼ってしまっては勿体ない。
是非とも軽めのラバー、出来ればテナジーをオススメしたいです。


ただ、テナジーだけが軽いラバーではありません。
ファスタークC1も軽いですし、ヴェガヨーロDFも軽いです。
予算が厳しい場合、フォアだけテナジー、バックはC1かヨーロDFという組み合わせもアリかと思います。

まとめ



バタフライのヒット商品の一つでもある「張継科ALC」、張継科シリーズは他にもZLC、Super ZLCが人気ありますが、抜群に扱い易いラケットと言えば、「張継科ALC」だと思います。


5枚合板で基本技術を習得し、7枚合板や特殊素材へとステップアップしたいと思っている人は是非とも使って欲しいと思うラケットです。
自分の技術がワンランク上がったと思うほどの素晴らしいラケットです。

sakamoto04
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク