■卓球初心者上達オススメコンテンツ img0704

卓球ラバー プラクソン450 レビュー

アンドロから発売されている裏ソフトラバー、PLAXON(プラクソン)
このプラクソンは硬度が4種類あり、350,400,450,525と硬度が違ってます。

今回はフォア面い450を貼ってみてレビューしてみたいと思います。

その前に、このプラクソンシリーズ、値段が恐ろしい程安いんです。
定価で4200円+税で、ネットだと3,000円程度で買えます。
どんどんラバーの値段が上がりつつあるのにこの値段はかなり魅力ですよね!!

さて、値段に騙されてはいけませんねw

ワールドラバーマーケットで詳しく紹介されている商品です。

それでは私なりのレビューに入ります。

まず、450という硬度ですが、メチャクチャ軟らかいです。
このラバーのコンセプトとしても食い込みは抜群というのが打つ前から伺えます。

・フォア打ち

軽く打てば飛びません。
少し食い込ませるように強く振れば、振った分だけ飛んでいくという感じです。
カキンカキンと心地良い音がします。

スポンジの食い込みとボールのスピードが比例しています。

また、このラバーは球離れが遅いので、凄くコントロールしやすいと思います。
今まで使ったラバーで一番球離れが遅いラバーだと思います。
これは初心者にはとても使いやすいと思います。

・ドライブ

続いてフォアドライブ。
このラバーは食い込ませるドライブで打つのが基本です。
シートで引っ掛ける事も出来ますが、ラザント程のシートの引っ掛かり感はありませんので、ラザント系とのラバーとは別物と思ってください。
食い込ませることが前提とはいうものの、テナジーのような食い込ませるだけでドライブは掛かりません。
しっかりと食い込ませつつ回転を掛ける打ち方をしないといけません。

しかし、この食い込ませて掛けるドライブ、決まれば凄いスピードドライブが出ます。
また、全力でなくとも半分の力でもしっかりと食い込ませドライブを打てば結構なドライブが出ます。

・ブロック

これが超オススメです。
相手のボールの威力を見事に吸収してくれます。
プッシュブロックには特に良い効果が期待できます。
カウンタードライブよりはプッシュ性のカウンターが良いと思います。

・サーブ

あまり引っ掛からないシートと言えども、最近のラバーは凄く引っ掛かると思いますので、それほど問題では無いかと思います。
食い込みが良いラバーですので、ロングサーブが良いと思います。
真下の下回転ロングサーブも結構良いスピードが出ます。
個人的にはナックルロングサーブが良いと思いました。

・台上技術

チキータは普通です。
基本的にチキータは擦る事でボールを飛ばしますので、あまりプラクソンの魅力をチキータで感じる事は出来ないと思います。
それよりフリックが良いです。
切れた下回転のフォア前サーブに対するフリックが凄くやり易い。
ラケットに当たってからの球離れが遅いので、コントロールが凄くやり易いです。
トップシートもそれほど引っ掛かるタイプでは無いので、サーブの回転の影響をそれほど受けないのも影響していると思いますが、スポンジとシートの軟らかさが影響しているのではないでしょうか。

・まとめ

アンドロの自信作、プラクソンシリーズですが、このラバーは今までのラザントシリーズとは180度違うラバーに仕上がっていると思います。
回転も掛かりますが、それよりもスピードを重視したラバーという位置づけで良いと思います。
また、プラスチックボールでもしっかりと食い込ませて打つドライブは全く問題ないレベルだと思います。

この性能がこの金額ですからね。
ずーっと、値上がりとかしないと欲しい!!

sakamoto04
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク