■卓球初心者上達オススメコンテンツ

卓球ラバーのレビュー ファスターク G1(ニッタク)

今更レビューをするほどでもないラバーですが、ニッタクの人気ラバー

ファスタークG1

このラバーは森薗選手をはじめ、トッププレーヤーにも絶賛されているラバーです。

とにかく使いやすい

卓球初心者でも使えるほど素直なラバーという印象です。
基本的なフォアハンド、バックハンドがやえるようになって、ドライブの習得に適したラバーかなと思います。

ドライブ

擦って打つドライブ、食い込ませて打つドライブ、どちらにも適しています。
基本的にシートの引っ掛かり、ラバーの食い込み、どちらも良いので、回転重視のドライブ、スピード重視のドライブを時と場合によって使い分けるという打ち方も出来ます。
性能的には抜群の回転力、スピード、という感じではありません。

スマッシュ

意外とスマッシュがいけるラバーです。
また、プッシュ系の評判も良いので、バック面に貼っている人もいます。
個人的にはスマッシュをやる時に、少しラケットを被せ気味に打てば簡単に食い込みドライブが出来ます。

台上技術

シートの引っ掛かりも必要以上の性能がありますので、チキータには適しているラバーかと思います。
フリックに関しては球持ちが良い分、コントロール性にも優れやり易いと思います。

サーブ・レシーブ

極端な引っ掛かるラバーではありませんので、切れ加減は普通です。
また、レシーブに関しても、それほど回転の影響を受けずに対処することが出来ます。
キレた短いサーブもロングサーブもやはり出しやすいのが特徴です。

重量

最近のラバーはどんどん重量が増して、ラケット込みで190グラム以上というのも珍しくありません。
その中でファスタークG1は比較的軽めのラバーになります。
ラケット重量が85~90グラムであれば、両面特厚を貼っても180グラム前後の丁度良い重さになると思います。

どういう人に適したラバー?

ファスタークG1は突出した性能というよりも、総合的に平均点よりもちょっと高いかな?と思えるラバーという印象です。
卓球を始めて、数か月、初めてラバーを変える人にオススメです。
初心者であれば、きっとファスタークG1に変える事で、プレーに良い意味で変化が現れるのではないでしょうか。

初心者が悩む下回転に対するドライブ、カットマンに対するドライブ、これらの技術が比較的容易に出来ると思います。
勿論、練習は絶対に必要ですが、擦る感覚や食い込む感覚を知る為にもファスタークG1は卓球技術向上にはすごく適しているラバーだと思います。

合うラケットは何?

このラバーは比較的軟らかい部類で、弾きもそれほどでもなく、引っ掛かりもそれほどでもありません。
ガチガチの硬いラバーであればプラスチックボールを打つには軟らかく球持ちが良いラケットをオススメしますが、ファスタークG1に関しては自分の好きなラケットを選んでも良いと思います。
自分のプレースタイルに合わせたラケットを選べば良いと思います。
スマッシュ重視でガンガン叩き込む人であればカーボン系で硬いラケット、またドライブ重視であれば5枚合板が良いと思います。

面白みに欠ける部分も少し感じる

例えば粘着ラバー、粘着は擦って打つドライブが出来ないと、ドライブを打っているつもりでも真っ直ぐ棒球…
擦って打つドライブを頑張って習得して、しっかりと擦りドライブをやれるようになれば粘着ラバーの魅力を引き出すことが出来ます。
そういう克服して得られる喜びに関してはファスタークG1は欠けていると思います。
すべてにおいて優等生なんですよね。
これを良い方向に考えるかどうかはプレーヤー次第です。
でも、私はそのラバーだけが持っている独特のクセを魅力と感じますので、面白みに少し欠けるのが実際のところです。
事実、ラケットに貼って気が付いたら使わなくなってしまった…w

[br num=”1″]

sakamoto04
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク