■卓球初心者上達オススメコンテンツ

卓球ラバーのレビュー 粘着ラバー ターゲット(ブルースポンジ)

粘着ラバーとしてワールドラバーマーケットで絶賛されているラバー、「ターゲット ブルースポンジ」のレビューをします。
まず、このラバーの特徴を簡単に言うと、粘着ラバーでは飛びぬけてスピードが出るラバー、という事を先に伝えておきます。

スピード系テンションの様な打球感

ターゲットブルーは微粘着ですので、それほどベタベタ感はありません。
キョウヒョウNEO3の粘着感を少し弱くした感じですね。
そして、中国粘着ラバー特有の臭いも少しします。。。これ苦手です。

フォア打ちを始めてみると、やはり評判通り良く弾きます。
打球感は普通のテンションバラーとあまり変わりません。
他の中国製粘着ラバーよりフラット打ちが飛びます。

ドライブ

ワールドラバーマーケットの動画でも紹介しているように3球目の一撃は強烈なものがあります。
結構低くてキレているツッツキも一撃で持っていく事が可能。
強烈にブチ切れて低いのは厳しいですが、今までループでクリアしていたボールに対して、これほど強烈に打っても大丈夫なのか?と思うようなボールに一撃スピードドライブ!!
という場面も沢山見られました。
そのスピードかループかの基準を再度設定し直す必要がありますね。
ターゲットブルーは擦り打ちよりも、食い込ませるドライブの方がラバーの性能が発揮されると思います。

擦り打ちに関しては、シートの引っ掛かりが抜群なので簡単に…

…とは行かず、不思議と引っ掛かり感が少なく感じました。
ループドライブも擦り100%よりも少し当ててループを打った方が良いように思えました。
その辺は慣れも影響してくると思います。

スマッシュ

スマッシュはやり易いです。
そしてスピードも粘着とは思えない程のスピードが出ますので、打っていて面白いですよ。
先に書いたように、食い込ませてのドライブが得意のラバーですので、ラケットの角度だけでドライブとスマッシュを分ける事が出来ます。
もしかして初心者にも使いこなせるかも。

しかし、スウィングスピードが遅いとダメです。
しっかりと角度を出して食い込ませ振りぬく!!
それが出来ないとドライブも単なる棒球となってアウトしちゃいます。

台上技術

フリックに関しては球持ちが良い分、コントロールはし易いですが、回転の影響を受けやすいと思います。
フリックも擦る感じでは無く、フラットに当てて打つ乗せ打ちが良い感じでした。
乗せ打ちがしっかり出来れば、物凄いナックルフリックになるので、スピードがそれほど速くなくても相手が落としてくれますよ。

サーブ・レシーブ

粘着ですので、キレますw
レシーブに関しては現代のラバーは良く引っ掛かるのでそれほど粘着だから影響を受けるという訳ではないと思います。
テンションラバーから粘着に変えてもそれほど大きな影響はないと感じました。

重量

若干重いです。
粘着ラバーは比較的重いラバーが多いですが、ラケットサイズで48~50グラムと思ってください。

どういう人に適したラバー?

①3球目ドライブで打ち抜きたい人
②独特の弧線、球の変化を出したい人
③テンションラバーが高価でコストを落としたい人
④初めて粘着ラバーを使てみたい。

そんな人には向いてます。

合うラケットは何?

ターゲットブルーは食い込む粘着ラバーという事を考えると、ラケットはあまり選びません。
でも、より食い込ませる事を意識し、掴むドライブ、食い込ませドライブを打ちたいと思う人は5枚合板がオススメです。
コルベル、和の極、その辺は抜群ですね。
7枚合板でも良いと思いますが、粘着という事で重量が重めなので7枚はキツイかもしれません。
バック面に軽いラバーを貼ったりして調整すれば良いと思いますが、そういう目的にバック面を決めるのって…と思う人もいるはず。

独特の弧線、弾道が魅力

ターゲットブルーのドライブは相手コートに入ってから強烈に沈み込むという弾道です。
ですので、アウト気味に奥に打つことで丁度良いところに突き刺さります。
逆に相手コート中央を狙って打てば浅いドライブになってしまうので、ブロックやカウンターをやられてしまうかも。
その辺の感覚を沢山ドライブ練習して養う必要があります。

とにかく奥にドライブを強く掛ける意識で打つ事が大切です。

ワールドラバーマーケットでターゲットブルーの試打動画が公開されていますので、そちらも参考にして下さい。

sakamoto04
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク