■卓球初心者上達オススメコンテンツ

卓球ラバー ミズノ・GFT48をレビュー

ミズノの人気ラバー、GFシリーズの中で一番の硬度(48度)のGTF48のレビューをさせてもらいます。

ちなみに私のラバーレビューは他の人のレビューを参考にせず、すべて自分が感じたそのままを伝えるよう心がけています。

GFシリーズで一番使いやすいかも

これでGFシリーズ(40,45,48)をすべて使った事になります。

一番の硬度という事で、ちょっと扱うのが難しいのかな?と思ってたんですが、意外や意外、一番使いやすい事が分かりました。

ミズノGFT40レビュー

ミズノGFT45レビュー

安定感抜群のドライブ

まず、触っても分かりますが、48度の硬度の割には全然硬い感じがしません。

ラザントターボ、ラザントパワーグリップなどは触っても硬く、打っても硬いラバーですが、GTF48はそんな事はないです。

触った感じは45度くらいかな?と思いました。

触った感じと打った感じがほとんど同じで、凄くボールを包む感覚があります。

48度の硬度とは思えない程、しっかりと食い込んでドライブを掛ける事ができます。

似たような感覚として、ラザント・グリップが似ているかも知れません。

ラザントグリップについても過去にレビューしてますので参考にして下さい。

卓球ラバーレビュー ラザント・グリップ

食い込ませ+引っ掛かりで安定ドライブ

色んな場面でドライブを打つ時がありますが、どの場面においても安定してドライブを打つことが出来ると思いました。
とにかく安定感が抜群のドライブを求めている人には最適かと思います。

また、あえて薄く引っ掛けて打つドライブもなかなか良いです。
トップシートの引っ掛かりが結構凄いので、思っていたよりも回転が掛かってます。
ただクリアするだけのループドライブで点数を取る事も出来るのではないでしょうか。

とにかくドライブのミスが減り、ストレスなく卓球に集中できると思います。

トップシートの引っ掛かりを利用するチキータ

GTF48のトップシートはとても良くグリップします。
ですので、引っ掛かりを利用したチキータがとてもやり易く感じました。

強烈にキレた下回転でも、擦る事を意識してチキータを出すことが出来ます。

また、擦る事を意識する事で物凄い回転重視のチキータが出ます。

ただ、スピードは遅いですが、相手のブロックアウトが期待出来るほどのチキータの回転量となります。

GFT48のドライブの弧線

先に書いたように、とにかくドライブが安定してますが、一番驚いたのが、普段であればアウトと思うようなボールが、最後の最後にもう一度違った弧線でドライブが掛かる様な感じがありました。
言葉では分かり難いので画像で伝えます。

img0419001

コート奥を狙ってドライブの練習をすれば10回に1回くらい、「あれ?今の入るの?」と、思う時がありました。
なんか得した感じです。

通常の弧線は、やや大きな弧線を描きます。

相手のネットを超えてからグイっと落ちる感じです。

中級者に適したラバー

脱初心者、基本的な技術が出来る人であれば、GFT48の良さを感じる事が出来ると思います。

普段のドライブ練習ではガンガン決まっているけど、試合ではミスが多い。
そんな人にはバッチリかも知れませんね。

チキータを積極的に使う人向け

チキータからの展開する場合、大きく早い戻りが要求される場合が多いです。
フォア前でチキータをして、バックに戻る、という動作ですね。
このように体勢に余裕がなく、万全の体勢じゃない時、手だけでドライブ、またはバックハンド、体勢が十分でないと難しいといった場面でGFT48は威力を発揮します。

飛びつきフォアドライブで手だけ打つ時、または回り込みが不十分でボディワークで打つドライブ、こういった場面は実際の試合は多いです。

①トップシートの引っ掛かりが強いの、ちょっと擦ればしっかりと回転が掛かる。

②適度な軟らかさで、コントロールしやすい。

この2つがGFT48の特徴かと思います。

パワードライブでぶち抜く!!

このGFT48に思いっきり食い込ませてドライブを打てば物凄い弾道が出ます。
しかし、「思い切り打つ」というのを果たして試合でやれるのか?は、疑問ですが、キレた下回転に負けずにパワードライブを打つことが出来ました。

この感覚はやはり、ラザント・グリップに凄く似ています。

粘着ラバーもそのような打法が出来ますが、打った感覚が好みではないんですよね。。。

粘着ラバー使って裏ソフトに戻した人であればきっと分かるはず。

もしかしたら、その感覚がGood Feelingなんでしょうか?!

とても打ってて気持ち良いんですよね。

音、弾道、手に伝わる感覚、ホントやってて面白いし、気持ち良い!!

適したラケットを探す

合わないラケットを探す方が難しいかも知れませんw
コルベル、SK7、インナーフォースAL、和の極、これらはバッチリです!!

ラケットの条件として「重量」で決めても良いと思います。
また、特厚を使った方がGFT48の良さを強く感じる事が出来ると思います。

特厚だとカット後片面48~50グラムですので、最終的に180グラム前後のラケット重量になると思います。
一番使いやすい重量ですよね。

本当は使いたいんですが、重量がヤバイので使えないのが、ミズノから出ているフォルティウス。

これにGFTが一番良いと思いますが、、、
良いラバーと良いラケット、しかし重くて振り切る事が出来ないのでは意味がありませんよね。。。

フォア?バック?どっちが良いの?

GFT48はとにかく安定でありながら自分がやりたいプレーが出来る、楽しく卓球が出来る。
そんな印象を受けましたので、やはりフォアでのドライブでGFT48の魅力を感じるのが良いと思います。

バックではチキータが抜群にやり易いという事、そしてバックドライブのコントロールがし易い。
結果的にバックドライブも安定して入るので、楽しくプレーする事が出来ます。
チキータの成功率が低い人、手首の力に自信が無い人、一度GFT48のトップシートの引っ掛かりを体験して欲しいと思います。

私はやってませんが、

フォア面:GFT48

バック面:GFT45 or 40

この組み合わせで使っている人も多いと思います。

両面ともGFT48という人もいるのではないでしょうか。

まとめ

間違いなくこのラバーは使えるラバーだと思いました。
正直、「ミズノのラバー」というのでちょっと使うのを躊躇っていたところもありましたが、かなりラバーに関して研究してこのGFTを開発したんだなぁと、実際に使ってみて確認できました。
特にこのGFT48はプラスチックボールに完全に合っているラバーだと思います。
スピン、弾き、コントロール、全てにおいて平均値を大きく上回るラバーです。
こればかりは使ってみないと納得できないと思いますので、是非とも使って実感してもらいたいです。
ミズノの「反 撃 開 始」は本当ですね!!

sakamoto04
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク