■卓球初心者上達オススメコンテンツ img0704

ミズノ GF T40 卓球 ラバー  レビュー

ミズノ GF T40/T45/T48 (裏ソフト)

ミズノから発売されているラバー、GF T48,T45,T40、この中で一番スポンジ硬度が柔らかいGTF40ついてレビューしてみたいと思います。

まず、このGFシリーズのコンセプトは「モアスピード・モアスピン」という事で、相当このラバーへの意気込みを感じられます。

ミズノでは2006年から卓球のラバー市場へ参入しました。
表ソフトラバーでは「ブースター」シリーズがヒットしましたが、裏ソフトではヒットと言える商品が出ていません。
GFシリーズがミズノ初の裏ソフトのヒットラバーにしたいという思いが強いみたいです。
開発期間は約2年間、期限を設けずに開発し、良い商品が出来たら発売するという徹底的に品質を求めて作ったラバーがGFになります。

<レビュー>

スポンジ硬度が一番軟らかいT40。

特厚2.2mmをチョイス。

使用ラケットはティモボル・スパーク(アリレート)。

※回転、スピード、コントロールを5段階で評価

スピン:☆☆☆
スピード:☆☆☆
コントロール:☆☆☆☆

一番スポンジ硬度が軟らかいとは言いつつ、触った感じはVEGAヨーロッパのようなグニャグニャ感ではありません。

主観ですが、結構弾みます。特殊素材のラケットに張ればちょっと扱い難いかもしれません。

飛ばないよりは良いのかも知れませんが、特にブロックで最初慣れないとアウトになる可能性もあります。
しかし、鋭いブロックが出しやすい感じも受けます。
慣れればスピードのあるブロックを出すことも可能となります。

☆サーブ、レシーブ
シートの引っ掛かりが良いので、どのサーブも良く切れます。
サーブに関してしっかりと切る事が出来る人には良いです。
なかなか切る事が出来ない人は短く切れたボールを出すのが難しいかも知れません。
個人の力量次第なのかも知れません。

☆ドライブ
ボールを掴む感覚もヴェガ ヨーロッパのそれに比べると少なく感じます。

回転の掛け方を引っかけて掛けるドライブが得意な人は強烈なスピンを掛ける事ができます。
食い込ませるドライブよりも引っかけるドライブの方が良いと思いました。
シートの引っ掛かりは良いラバーだと思いました。

☆ラケットとの相性
プラスチックボールに対応させるにはラケットは軟らかい木材合板、はまたアイレート材が良いと思います。
ドライブに関してはバタフライのSuper ZLCあたりはちょっと厳しい(難しい)かも知れません。
食い込ませた時に包む感覚をラバーとラケットの両方で行う事で食い込ませるドライブを打つコツかなと思いました。

☆まとめ
スポンジ硬度が軟らかく、コントロールもし易いと思いますので、初心者のフォア・バック両面に使えるラバーだと思います。
結構バックドライブは安定して打つことが出来るラバーですので、どちらかと言えばバック向きかも知れません。
ただ、バックでのツッツキ、回転の影響を少し受けちゃうかも知れませんが、それは慣れればカバー出来ると思います。
T40は食い込ませてもOK、擦ってもOKで扱いやすいラバーですので、初心者も扱う事が出来るラバーかと思いました。

sakamoto04
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク