■卓球初心者上達オススメコンテンツ img0704

卓球の試合で勝つ為のサーブからの戦術 令和元年ver

このサイトでは以前から卓球の試合における戦術の大切さ、特にサーブからの戦術について書いてきましたが、年々卓球は進化し、本当に大切なサーブからの戦術を紹介したいと思います。

卓球の試合で勝ちたいなら戦術を意識せよ
この記事は中学から卓球をはじめ、この春から中学3年になり、最後の総体へ向けて頑張っている人へ向けた記事です。 事実上、中学から...
卓球DVDレビュー 松平賢二のサーブからポイントをとるための戦術パターン
数ある卓球のノウハウや技術などのDVD、この松平賢二選手のDVDはサーブからの戦術を中心に扱った内容がメインとなってます。 また、...

チキータを誘うサーブとチキータをさせないサーブ



今ではチキータを得意としている選手も大勢います。
あっという間に多くの選手が多用する技術となってしまいました。
ショートサーブを出してチキータ一撃で打ち抜かれた経験は誰しも経験があると思います。
そのチキータを上手く利用すればそれは戦術として成り立ちます。

バック前順横下サーブ



相手が右利きの場合で説明させてもらいます。


バック前の順横回転は相手のバックサイドを切って曲がっていくようなサーブです。


そして下回転である事が大切です。


このサーブをチキータする側はどのような心理が働くかを予想してみます。

チキータのコースと回転を予想出来る



さて、チキータする側はどのような状況の心理状況なのか?


考えられるポイントが2つあります。


①下回転が入っているので、いつもよりボールの左側を打球する必要があります。
ボールが落ちないように。



②バックサイドを切れていくサーブですので、それを予想して相手は大きくバック側へ移動します。



この2点から相手はバックからストレートにチキータする事は難しい。
ボールの左側を擦ってストレートへ打つのは結構難しいです。
また、下回転が入っていることで、ボールが落ちないように持ち上げる、ボールを擦る意識が高くなるのでスピードのより回転重視のチキータになる事が多い。


これらから相手のチキータは自分のミドル~バックへ横回転の強い(スピードの遅い)チキータが来る確率が高くなります。
ですので、このコースでフォアでカウンタードライブを待てば良いワケです。


横回転が結構強いチキータが来るので、相手の回転に負けないような強いドライブを打つ必要があります。
やってはいけないのが、チキータを怖がって、バックでのブロック、これは止めた方が良いです。


ループドライブを当てるだけのブロックでオーバーミスしたことがあると思いますが、それと同じ現状になります。
タイミングを外されて「あ~~~」って感じでオーバーミスは誰でもあると思います。

是が非でもチキータしてくる相手対策



ショートサーブであればコースに関係ないすべてチキータしてくる人がいますよね。


フォア前ショートサーブが基本というちょっと前のセオリーからすれば、ロングサーブへの警戒もそこまでしなくても良いかも知れません。
しかし、チキータは特別なレシーブではありません。
当たり前のレシーブ方法の一つ。


そのチキータを封じる方法はロングサーブを多用すればある程度防ぐ事ができます。
しかし、ロングサーブは唐突に出すから効くわけで、あまり連発すればそれを狙って強打される可能性があります。


それではどのようにすれば相手のチキータを防ぐ事ができるのでしょうか。

フォア前逆横下回転でフォアサイドを切る



先に説明した、バック前横下と反対の考えです。
相手のフォア前を切る様なショートサーブ。


オススメのサーブはバックサーブ、巻き込みサーブです。
YGでも良いのですが、フォアサイドを切るYGが身体の正面を相手の方に向ける必要があるので、回転がバレバレなのであまりオススメしません。
一番簡単なバックサーブが良いと思います。





2つの大事で基本なバックサーブ戦術



実はこのバックサーブをフォアサイドを切る事は他にも良い戦術があります。
その前にまずは、今回のテーマである、チキータをさせる戦術を説明します。


まずフォア前サーブをチキータする事だけでも相手は結構なリスクを負ってます。
バック側がガラ空きですので。
そのリスクに追い打ちをかけるように、逆横回転のボールの軌道。
相手のフォアサイドを切っていくような軌道です。
このボールにチキータをするのはリスクが結構大きいです。


また、フォアサイドに切れていくボールをフォアからクロス(相手のフォア)にチキータする事がとても難しくなります。
必然的にストレートコースにチキータする事が多くなります。
そして今回も下系の回転ですので、ボールの左後ろを強く擦って、ボールが落ちないように打つ意識が働きますので、かなりコースが限られます。


チキータされたらストレートに返球される可能性が高いので、バックハンドで相手のバックへ返球する。
このパターン、結構基本の流れですので、チキータする方もリスクを承知でチキータしに来てるので、チキータしたらすぐにバックへ戻るという練習をしているので、しっかりと強いボールを相手バックへ打つ必要があります。

相手に狙われていると意識させる



このようにチキータをしてくるのを狙った戦術を繰り返し行えば相手は「チキータを狙っている」と思います。
そう思わせる事で、相手は無理なコースへチキータをしたりミスが出てくる事があります。


卓球は心理戦とも言われています。
気持ち的に有利に立つことが出来れば試合では相当なアドバンテージになります。
そういった面からチキータ対策の戦術は現代卓球においてとても大切な事だと思います。

まとめ



色々とゴチャゴチャ書きましたが、まとめると、「両サイドを切る短い下系サーブで相手にチキータをやらせる」という事です。
チキータされたボールがどこに来るのかを予め予想出来たらチキータはそれほど怖いものではありません。
自分がサーブ権を持っている時の3球目攻撃の戦術として成り立ちます。


ただ注意点というか絶対条件として、低くてしっかりと回転の掛かっているサーブを出す事が出来る。というのは絶対条件になります。

sakamoto04
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク